乱視を知ろう

はじめに乱視とは?


眼が悪くなってしまったと思ったら最初に疑ってしまうのが「近視」です。多くの日本人が近視ですので、先ず近視を疑ってしまっても可笑しくはありません。眼が悪くなってしまうのは近視以外にも、乱視や遠視があるのです。乱視についてはあまり理解していない人も多いと思いますので、乱視とはどのような眼の状態のことを指しているのか理解を深めていきましょう。

乱視というのは眼の焦点が合わない状態を指しています。眼の中にはレンズの役割をしている部分があるのです。そのレンズが歪んでしまいますと、焦点が合わずに乱視になってしまいます。分かり易く、虫眼鏡で例えていきましょう。虫眼鏡で光を当てると、普通であれば一点に集中します。ですが、その虫眼鏡が歪んでしまっていると光は一点に集中せず様々な部分に光が当たってしまうのです。それが眼の中でも同じことが起きてしまっているのが「乱視」になります。乱視の状態になると、全てがぼやけて見えてしまっている人もいらっしゃいますが、中には横方向だけははっきり見えるけど縦方向がぼやけてしまっている人もいらっしゃいます。乱視も人によって見え方に大きく違いがあるのです。

そして乱視の方というのは、暗い場所になると見えにくくなるという方が多いです。乱視というのは明るさによって、見え方が大きく違ってくるからです。乱視ではなく眼が良い人の場合には、問題なく認識することが出来る明るさであっても乱視の人ではそうではない場合があるのです。これは眼の瞳孔の大きさが関係しています。周囲が明るい状態の時には、動向というのはあまり開いていません。縮瞳になっていますので、光をそれほど取り込んでいないのです。ですが、周囲が暗くなりますと人の眼というのは散瞳して瞳孔が広がります。瞳孔が広がりますと、光を広い範囲から取り込むことになるのです。光を広い範囲で取り込めば取り込むほど、光は網膜に広がっていき、ピントがずれます。光を取り込むほど、乱視の人というのは見難くなってしまうということです。