乱視の原因について

乱視の原因とは?

 

乱視というのは、角膜の球面が歪んでしまっていることで、光が網膜に1ヶ所に結ばない状態になっていることを指しています。角膜の球面が歪んでしまっている乱視のことを「角膜乱視」と呼びます。そして角膜乱視以外にも乱視が存在しており、これは水晶体乱視と呼ぶのです。水晶体乱視は水晶体が歪んでしまっていることで乱視になってしまいます。

 

先天的に乱視のの人は水晶体乱視です。水晶体乱視は先天的な場合と後天的な場合の2種類に分かれます。先天的に乱視を持って生まれてしまったという場合には、角膜乱視ではなく水晶体乱視だと認識されておくと良いでしょう。生まれ持って乱視の人は、胎児の状態、出産時の対処に影響されると言われています。それ以外にも遺伝的な影響で乱視を持つとも考えられており、両親共に乱視という場合には、子供も乱視になる可能性が高くなってしまうのです。そして乳幼児の肥満が関係して、水晶体乱視になる可能性もあります。乳幼児だからと言って、ご飯やお菓子などを食べさせ過ぎてしまうと眼にも悪影響を与えてしまうということは親が覚えておかなければいけないことです。

 

先天的に乱視の場合には、早期発見が望ましいと言えるでしょう。そして早期治療を行っていくことで理想です。ですが、無理な治療をしてしまいますとバランスを崩してしまう恐れもありますので慎重な姿勢が必要になります。

 

後天的に乱視になってしまう場合には角膜乱視、水晶体乱視の両方の可能性があります。遠くの物を注意深く見る時に、眼を細めてしまいます。この眼を細めてしまうという行為は、眼球に圧迫を掛けてしまっているのを知っているでしょうか。眼球に圧迫をかけてしまっていることで、角膜が変形してしまうのです。ついつい眼を細めてしまう人も居らっしゃいますが、出来る限り眼を細めて物を見るという行為は控えるのが良いでしょう。

 

後天的に水晶体乱視になる場合は、長時間パソコンの作業などをしてしまった時になります。現代ではパソコン、テレビ、携帯などを利用している人が多いですので、水晶体にとっては悪影響を与えているのです。