乱視を治す方法について

乱視を治すには?

乱視の治療を行っていくのは正乱視、不正乱視で違いがあります。先ずは自分が正乱視なのか、不正乱視なのかを調べてから治療を行っていくことになります。

正乱視の場合には角膜の歪みによって怒ることが多いです。角膜の歪みでなる正乱視の治療方法は円柱レンズやハードコンタクトレンズを使用して矯正していくのが理想的です。ハードコンタクトレンズを利用するというのには抵抗がある人も居るかもしれません。中にはソフトコンタクトレンズでも乱視の矯正をすることが出来るようになっています。ですが、矯正することが出来る度数には限りがあります。重度の乱視の場合には、ソフトコンタクトレンズでは対応することが出来ません。乱視の治療は早期発見・早期治療が望ましいと言えるでしょう。ソフトコンタクトレンズの場合には、まばたきなどでレンズがずれてしまうことがあります。きちんと矯正するのに適しているとは言えませんので、治療に適しているのはやはりハードコンタクトレンズです。

もしも水晶体が原因で正乱視になっている場合には、コンタクトレンズなどでは治療を行っていくことは出来ません。角膜か水晶体かどちらが原因で正乱視になっているのか調べるようにしましょう。

不正乱視の場合にも角膜か水晶体が原因なのかは事前に調べておきましょう。不正乱視の場合も同じで水晶体が原因で乱視になっていると治療を行っていくことは難しくなります。角膜の歪みによって不正乱視になっているのであれば治療は可能です。不正乱視の場合でもハードコンタクトレンズを利用して治療をしていくことになるでしょう。

正乱視、不正乱視でどうしても早急に治療をしていきたいと考えているのであればレーシックという方法があります。レーシック手術で視力が回復した!という話題などを耳にされたことがあるはずです。乱視であってもレーシック手術で治療を行っていくことが可能です。ですが、屈折度数には限界がありますので重度の乱視の場合にはレーシック手術でも治療を行うことが出来ない可能性があります。