乱視度数について

乱視度数とは?


乱視度数を検査する為にはと特別な機器を利用していかなければいけません。乱視は近視とは違い、簡単な検査ではどれくらいの乱視度数なのかを計測するのは難しくなります。自分自身が乱視であると認識されているのであれば、きちんと検査をして乱視度数を調べていきましょう。

乱視度数で利用される機器はオートレフラクトメーターです。この機器は非常に優秀で乱視だけではなく、近視の検査にも利用されています。眼鏡を作る時に検査を行われるのは、ほとんどオートレフラクトメーターです。検査方法も分かり易く、台に顎を載せて1分程度で度数を表示することが出来るのです。これは本人の自覚要素が一切入りませんので他覚的屈折検査になります。優秀なオートレフラクトメーターですが、必ずしも正しい度数が表示されるというわけではありません。自覚要素が入っていませんので、オートレフラクトメーターの結果は度数が強めに表示されることが多いです。この結果だけを用いて、眼鏡などを作ることになると度数が強いと感じられてしまうでしょう。

他覚的屈折検査としてもう1つ挙げることが出来るのが「レチノスコピー」です。最近ではオートレフラクトメーターよりも正確な乱視度数が表示されますが、検査する人の腕によって変わってきます。熟練した人でなければ、オートレフラクトメーターよりも正確な検査結果が出るのですが今現在ではレチノスコピーの検査方法を利用する施設は減少してしまっています。

眼鏡を作る時などにはオートレフラクトメーターの他に、自覚的屈折検査が行われます。自覚的屈折検査は、眼鏡の形をした物に検査用のレンズを入れ替えていき一番見えやすい度数を調べるというものです。眼鏡などを作った経験がある人なら分かると思いますが、何度も自分の見えやすいようにレンズを交換していき、その中で最も自分が見えやすい度数というのを調べていく方法になります。オートレフラクトメーターは乱視度数を調べてくれますが、それだけでは自分自身が一番見えやすい度数というわけではありません。自覚的屈折検査を行うことで、始めて自分に適した眼鏡やコンタクトを作ることが出来るのです。